全身脱毛 永久脱毛

同じ「脱毛」でも全く意味が異なる

脱毛にはたくさんの種類がありますが、その中には永久脱毛と全身脱毛があります。全身脱毛は脱毛を行う範囲を示していますが、 永久脱毛とは脱毛の効果を示す名称となります。全身脱毛は、特定の一部分だけを脱毛するのではなく、体の全ての毛を脱毛することを言いますので、 脱毛の範囲が全身に及ぶことを表しています。永久脱毛は脱毛を行えばほとんど毛が生えてこない施術方法となります。脱毛範囲と脱毛効果という違いがありますので、 同じ脱毛でも全く意味が異なっているのです。 永久脱毛とは主にクリニックで行われている医療レーザー脱毛のことを言いますので、エステサロンの光脱毛は永久ではなく減耗効果があるという意味があります。 ただやはり手軽に始められるサロンでの脱毛が良ければ、 光脱毛は施術が終わればほとんど毛が生えてこないわけですから永久という言葉が使われているのです。厳密に言えば医療レーザー脱毛も減耗の一つとなりますが、効果の高さから永久にムダ毛処理から開放されることになります。 永久とは言っても全く毛が生えてこないわけではなく、施術完了後1ヶ月間のうちに毛が生える量が20%以内という定義が使われています。脱毛ラボ 口コミでも、全身脱毛を施術した方がそういった体験談を話しています。

この定義は永久脱毛として古くから行われている電気針脱毛の効果を示していますので、厳密に言えば医療脱毛にも当てはまらない定義となります。しかしながら高い脱毛効果を持っていることで医療レーザー脱毛の効果も永久ということができるのです。全身脱毛と永久脱毛は意味が全く異なりますので、誤解のないよう理解する必要があるのです。

全身脱毛と言えばフェミークリニック

美容皮膚科のフェミークリニックでは丁寧できめ細やかな対応が行える「オーダーメイド医療脱毛」を取り入れており、 他では断られることもあるアトピーやアレルギー体質の方や肌に悩みがある方などの全身脱毛にも出来るだけ対応しています。 なので、ビキニラインなどのデリケートゾーンも脱毛できちゃいます! また毛質や肌質などには個人差がありますのでカウンセリングでは医師が診察を行い、一人一人の状況を把握してから使用する機器や通院の間隔などを決定し、必ずその効果やリスクなどを事前に説明し納得してもらってから施術を開始しています。ですが1回の施術で確実かつ安全に効果を出すためには脱毛する部位や体調などによっても調整が必要になりますので、全身脱毛前には必ずテスト照射を行ってコンディションの確認を行っています。そのカウンセリングやテスト照射のデータをもとに施術方法を決定し、4種類の最新医療レーザー脱毛機をそれぞれの特徴を踏まえて使い分けることで脱毛効果を高めた全身脱毛を可能にしています。またフェミークリニックのスタッフはみな実際に脱毛を体験しており、部位によって異なる痛みやトラブルのある肌に照射した場合などの状態を体感することでオーダーメイド医療脱毛の品質向上に取り組んでいます。加えてフェミークリニックは医療機関になりますので万が一トラブルが発生した場合でも、医師や看護士がすぐ治療にあたることができ必要に応じて薬の処方も可能ですので、トラブルの際の治療の遅れによる肌へのダメージも抑えることができます。 フェミークリニックはもちろん、最近はアリシアクリニックも人気のクリニックの一つとなっています。興味のある方は是非体験してみて下さい。

Vライン脱毛は妊婦でも出来るの?

脱毛が今まで無いとってもお得な内容だから妊婦だけどやりたいな。ミュゼに通ってるけど、妊娠した場合このまま続けても大丈夫?と妊婦が脱毛することで悪い影響があるのか知っておきたいですよね。 結果から言うと、Vライン脱毛に限らずとも、妊娠中のひとは殆どが断られます。どの脱毛の方法でも妊婦さんが脱毛するのは止めるようにしています。施術する光などが胎児に影響するという訳ではないのですが、妊婦の身体はとてもデリケートなもので体調が変化しやすくなっています。妊婦はこれまでの食事の味がガラッと変わるぐらい体内が変化するものなのです。脱毛も胎児に悪くないとは言え、リラックスして出来るものではありません。なるべく刺激を不安を解消するために、脱毛に関しても止めるようにしましょう。 脱毛サロンのカウンセリングを受ける当日には、何を持っていけばいいのでしょうか?まずは絶対に忘れてはいけないのが身分証明書です。 脱毛サロンでは契約を結ぶので、身分証明書が無いと施術を受けることができなくなるのです。だから免許証や保険証は必ず持っていってくださいね。次に、もしあなたが未成年なのであれば、親の承諾書というのが必要になりますので、これも持って行ってくださいね。もし未成年であなたが身分証明書を持っていないのであれば、親の身分証明書を持って行けば大丈夫です。必ず持って行ってくださいね。後はお金ですね。内金を支払ったり、メニューの追加をするために必要になるので、お金はなるべく多めに持っていった方がいいですね。